ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング リーダーシップ

気持ちのゆとりは大切ですね

投稿日:

ショックな大失敗。
昨日はいくつかミスをしました。全て「聞いたのに聞いたことを忘れて聞き直した」という事でした。
情けなかったです。私ってこんなにゆとりなかったっけ?こんな許容量だっけ?自分の過信が招いたミス・・・。
なぜこんな事が起こったのか・・・

メモは残っているのに・・・
聞き直せば、確かに聞いたことがあることなのに・・・
手帳が煩雑すぎるのか?
時間は有限だからこそ、自分のできることには限界がある。その限界を超えたというのか?

違っていました。

予定表には、集合時間もその日にやることも、いつ作業をするのかも記入をしてあるのだけれど、メールでいただいた場合のものが、記録が残っているからと言う理由で、締め切りや集合時間、私の持ち時間、私が依頼したものなど、記入をしていないものがあったのです。

せめて「連絡済」や、集合時間OKなどのマークや決め事があれば良かったのでしょうが、漏れがあったのです。

自分の手帳はそれなりに確立した使い方になってきていたので、過信があったと思います。
もう一度見なおす必要があります。

それよりも、安易に返事だけしてしまっていないか。
気持ちだけが先走り、あれはいいよ、これはダメ。と、基準も曖昧になっているように思います。

先月、凄く残念な事に仕事の存続に関わる事をお客様にされてしまい、警戒心が高くなったために、その部分ばかりを他のお客様にも気にして頂くようになり、「本当に私がしたいことはこういうことなのだろうか?」と昨日、他のお客様から頂いたメールでハッとしました。

スケジュール管理も、最近の振舞いも、私自身が自分をコントロールしきっておらず、自分に振り回されているように感じられました。

私の場合は、せめて2週間に一度はゆっくり考えるための時間を持つことが重要な気がしました。
そこで、気持ちのリセットをしたり、自分の大切にしたいことを考えたりしたいなと思いました。

家族との時間、仕事の時間、友達との時間、気持ちのゆとりを持つための時間。。。
限られた時間だけど、「こんなはずではなかった」と思う時間の使い方にならないためにも、気持ちのゆとりを持つための時間を短くても大切にしたいと思います。
さて、ペースが解っても、年明けから4月末までは駆け抜けます。
5月の連休まではひたすら走るのではなく、気持ちのゆとりを持つ時間を、どう創っていくか。
まずは新幹線の移動時間を、この時間にしてみます。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング, リーダーシップ
-, , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.