ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

本音が言える組織に大切な「ある事」

投稿日:2016年1月18日 更新日:

先日、ある方々とお話ししていて、「会議の質」の話しになりました。
その時に、感じた事が、「ある事」がすごく重要なんだということでした。

その「ある事」とは・・・

もったいぶるわけではありません。

まずはこうした「何だろう?」と一緒に疑問を共有することなのではないでしょうか。
これについては、今までも組織に必要なものとして、何度となくお伝えしてきたことだと思います。

でも、それだけでは、まだ本音が出なかったりすることがあるのです。

では、本音を話せるようにするには、どうしたら良いのか。
その上で、もう一つあったのです。

それが、今回感じた「感情を聞く」という事です。
しかも、その場に起こっている今の感情です。

その上で、どうしたら場がよくなるのかを話す事によって、結論を導きだすための、「場作り」を皆でしていくという事です。

これはアクションラーニングでも大切にしている事なのですが、アクションラーニング以外の会議でも必要な事でしょうが、ついつい脇に置かれている事ではないでしょうか。
私自身、たまに忘れてしまう事なので、ここに敢えて、記憶としても残しておきたく書きました。

皆さんは、会議の場づくりを一人でされようとしていませんか。
その場を、そこにいる人達と一緒に作っていきませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.