ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

メリハリのあるリーダー達

   

先日、若手?リーダーの方々の合宿研修がありました。
その際に、メリハリのあるリーダー達の姿を拝見して、メリハリの大切さを感じさせられました。

研修の時や、仕事の時には、真剣に。
でも、遊ぶ時間には、本当に無邪気に楽しむ。

実は、楽しもうと思うと、それ前に
やって置かなければならないことが終了していたり、◯◯から行えば大丈夫という核心があったりしないと、その場を本気で楽しむ事が出来ないと思います。
仕事を忘れるわけではなく、中には仕事が楽しくて、仕事の事をお話ししたい人も居らっしゃいました。
しかし、今日明日の事で、悩んでいるような事ではなく、その場を楽しんでいる中で、楽しい話し繋がりで話したくなった事だと感じました。

10割の人がそうではないので、お仕事の関係で、途中でお帰りになられる方もいらっしゃいましたが、残られて、時間を工面された方々は、皆さんその場を凄く楽しんでいらっしゃいました。

楽しむために、準備含め、仕事も一旦のキリを付けていらっしゃっているのだなと思うと、凄く尊敬する方々ばかりです。
研修でも、議論自体は30分で終了の予定だったのですが、そこはリーダー達なので、納得がいくまで話したくて、結局はその議論もずっと夜まで続いていました。

「納得行くまで話し合う」というルールはあるものの、誰一人妥協しないで、話をすると、本当はこれほどまでに、チーム全員が納得するのには時間がかかるんですよね。なのに、いつもは、誰かが納得していなくても、仕事というのは進んで行ったりしている可能性にも、皆さんが気づいていらっしゃるのかなとも思いました。

思いっきり楽しんだ研修も、あっという間に終了し、昨日は既にお礼メールが行きかい、言葉使いは仕事モード。
このメリハリにも感動をしました。
経営に関わっていらっしゃるリーダー達は、こんなにも日々のメリハリをしっかりされているんだなと、改めて感じさせていただきました。

メリハリは大切だと思ってきましたが、「抜く」ためには「張っている時」に、しっかり一区切り完了させておく事が必要なんですよね。
沢山、あれもこれもされている方々であっても、「一区切り」を「決める」→「完了させる」→「抜く」→「次に向けて張る」というサイクルがしっかり出来ているのでしょうね。
ただ「分ける」だけじゃないんだなと、改めて感じさせていただきました。
貴重な機会をありがとうございました。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, マネジメント, リーダーシップ, リーダーシップ研修, 組織の活性化 , , , , , , , , , , ,