ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング リーダーシップ

リーダーの表情と部下のやる気

投稿日:

先日、ある経営者の方とコーチングをさせていただいた時のお話しで、許可を頂きましたので、許可を頂いた部分だけ、少しお話しをさせていただきます。

先日、ある経営者Aさんとお話しをさせていただきました。

その際に、Aさんは「部下には明るく、楽しそうに、モチベーションを持って働いて欲しいのに、部下はホントに静かで、どうもやる気が見えない。どうしたら良いでしょうね。」というお話しでした。

具体的な事もお話しされている中で、活き活きと、やる気を持って働いて欲しいとは思うが、そう見えないだけで、やる気はあるんじゃないかと気づかれました。
その上で、「もっと表にやる気を出して欲しい」とおっしゃいました。

そこまでお話ししている中で、私はある違和感がありました。
それは、そう語られるAさんから、やる気やエネルギーがあるはずなのに、感じないんです。

私は、そのままお伝えしました。「Aさん、ちょっとお伝えしても良いでしょうか。先ほどから気になっているのですが、語られている内容は熱いのに、なぜかAさんからやる気やエネルギーを感じ取れないんです。」

Aさんは、その瞬間、何を言ってるんだ!というような私に対する不信感なのかもしれませんが、ふと嫌そうな表情をされました。しかし、その後、下を向いて少し考えられている様子でした。

私には長い沈黙に見えましたが、そうでもないのかもしれません。
しかし、長く感じた沈黙の後、Aさんが、「うん。ありがとう。そういう事か。」と。

その続きを伺ってみると、Aさんが部下に対して思っている事は、自分自身の様子だったんだと考えられたようでした。だからこそ、自分が「明るく、楽しく」と言っても、部下は私が本気で言っているのかさえ感じ取れてないのかもしれない。だから、私と同じように、静かにしているのかもしれない。と。

そう仰った後、私がまず楽しそうにしないと部下は言葉でいくら言っても変わらないのかも。と仰っていました。

きっと自分で気づいても、どうして良いか解らないご様子でしたので、「最近楽しかった事はどんな事ですか。」と、3つほどお話しをいただきました。
すると、自然に優しい表情になられ、声も明るくなりました。
「声もワントーン上がったように聞こえます。表情も優しい表情になられましたね。」と、鏡を見に行くようにお伝えをしました。

照れくさそうにしながら、近くにあった鏡を見に行かれて、「私でもこんな表情するんですね。笑うことは苦手だと思っていたけれど・・・。」と嬉しそうにされて、更に笑顔が素敵になられたので、「更に口角が上がりましたね。」とお伝えしました。

本当に、照れくさそうでしたが、Aさんは、「私がこういう表情で居られるように、ちょっと手鏡を机に置くようにするよ。それから、声もワントーンあげて話すようにしよう。」と、行動を決めて、早速始められました。

セッションが終了し、その様子でみんなの前を通り、見送ってくださいました。
その後、すぐにメールが入り、「何か良い事があったんですか」と部下に聞かれた事や、「部下が笑って話すようになった」と書いてありました。
部下の反応がすぐにあったせいか、続けていく源になったとお話しをしてくださいました。

上司の表情によって、部下の表情や態度も変化することは、多くの人が知った方が良いと思うと、この話しをして下さいとリクエストまで添えて下さいました。
そのため、今日のこのブログに至りました。
Aさん、ありがとうございます。

上司の影響力は、上司自体が思っているよりも大きいんですよね。
そのことをAさんの体験を通して感じていただけたら、Aさんも私も嬉しいです。

あなたは部下の前で、どんな表情をされていますか。
どんな声でお話しされていますか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング, リーダーシップ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.