ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

リーダーシップ

頼りがいがあるリーダーとは?

投稿日:

頼れるリーダーとは?と聞かれたらあなたはどう答えますか。
きっと条件は色々出てくると思いますが、それらはきっと、どこかに部分的なモデルなのか、全体的なモデルなのかがいるのではないでしょうか。
そういう意味で言うと、あくまでも私の考えにすぎませんが、頼りがいのあるリーダーと言われる人の特徴だなと思うことを書きます。

外せない点が3つ有ります。

1つは、「メンバー一人ひとりの事を信じてくれていること」
だからこそ、日々健康を気にしてくれたり、「居ないと困るんだからね」という事を思ってくれている事も伝わってきます。結局、そのことで、役割を認識したり、存在意義を確認することもでき、仕事愛が芽生えやすくなる気がします。何より、居ても良い安心感が生まれる気がします。

2つ目は、「最後は責任を持つから、自信を持ってやってほしい」と伝えてくれるリーダーです。
ただ引っ張るリーダーが頼りがいがあるように思うけれど、こうした人の中でも頼られるリーダーは、困った時には助けて下さる方が多いように思います。
背中を押すリーダーの中でも、この最後の責任は自分が持つから、と言ってくれるかどうかで、「頼りがい」に格段の差が生まれるように私は考えています。

そして、3つ目は、目的やゴールは、しっかり納得が行くまで共有してくださるリーダーです。
この「共有」だけでも抜ける方が多い中、「納得がいくまで」話をして下さるリーダーには、本当の「頼りがい」を感じます。

この3つが揃っていないと、なかなか「頼りがいがある」とまではいかないなあと考えています。

どれ一つとっても、メンバーを「駒」のように扱うのではなく、「宝物」のように扱っている事が伝わってくるんです。
今までリーダー達と接してきて、現在での私の結論になっています。

私は、3つ目が一人よがりになってしまうことが多かったから、なかなか「頼れるリーダー」にはなり得なかった事が多かったのかなと、反省することもあります。

さて、あなたはどんなリーダーが頼りがいがあるリーダーだと思いますか。
そのリーダー像に対し、あなたは何が足りないですか。

いつかは、先輩や先人、リーダーになっていく人達も、今から準備を始めませんか。
既にリーダーの方は、自分自身の関わり方について、振り返ってみませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-リーダーシップ
-,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.