ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

はっきり直感を伝える

投稿日:2015年4月7日 更新日:

コーチングでは、相手のために伝える事はありのまま伝える事は必要だと思います。
が、この相手のためというのが、相手の求めている事に対して伝える事は必要だけれど、相手がどうでもいいことを伝えるのはお節介になります。
相手が何をしたいのか、何を望んでいるのかをしっかり一緒に見てないと伝えられないなと改めて思いました。

あるクライアントさんとの話しの中で、私からのフィードバックが欲しいと言われました。
そのためには、何を望んでいて、どうしたいのか、が見えないと、欲しているものさえ見えないんだなと思い、時間をかけて聞いてみました。

その中で見えてきた事があったので、その都度伝えました。
すると、最後にエネルギーレベルがグンと上がるのを感じましたし、本人も感じていらっしゃいました。

ただ、その時に「あれ?エネルギー高すぎるなあ」と直感で感じてしまったので、それもそのまま伝えてみました。
「エネルギーが高まったのは感じましたが、なぜか高過ぎるように感じるのですが、チームへの影響はどんな事がありますか。」と。

すると、「はっ。」と仰ったまましばし無言。
「どうされたんですか」と伺うと、「実は、熱くなりすぎて以前はみんながついていけないって言われて、抑えてきたんです。でも、下がりすぎていたので、今日上がってホッとしていたんですが、言われて良かったです。また同じ失敗を繰り返すところでした。」と。

直感ではありましたが、感じたことをそのまま伝えるのも大切な事なんだなと改めて気づきました。
あっているかどうかよりも、言葉にすることで、相手がそれをどう受け止めるのかは決められるのですから、伝える事を躊躇わない事は大切なんだと感じた体験でした。

気づいた事を伝えて下さったクライアントさんにも感謝します。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.