ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

精一杯と言っても・・・

投稿日:

あなたは自分の限界ってご存知ですか?
私達って凄い能力があるそうです。それは、自分を守るために、ある程度の所で、「これが限界」と決めるそうです。なので、「火事場の◯◯力」と言われるほど、リミッターが外れた時には、普段見せない力が発揮されるわけです。

歳をとってもスポーツ界で頑張り続ける選手のほとんどが口にします。
「練習の時に精一杯やってみないと、自分の限界が見えないから、とにかく練習も精一杯やるんです。」と。

その言葉を耳にしてから、「私も日頃から精一杯やっていたのだろうか」と思い始めたのは、もう10年も前になります。
自分に「まだこれは限界じゃない」と問いかけているうちに、徐々に力がついて、また今までの限界とは違う「限界」を作るのですから、キリがない。

結局、本当に自分がどこまで出来るのだろうかと試しているうちに、身体を壊してしまった事もあります。それが、限界。

先日、同じように自分がどこまで頑張れるのだろうかと、要望に応える形ではあったのだけれど、自分の中での精一杯に挑戦してみました。
その時には、とにかく集中力を高め、やり切る!と決めて、やってみました。
結果として、終わった後にダウン。情けないほど、解り切った結果です。

10年もその事を続けていると、それが普通になってきて、リミッターを外れる位までやりきってみるのが心地良くなるんです。
けれども、ダウンするのは家族にも迷惑をかけるし、何とかしたいと思って、皆さんに相談をしてみました。

色んな回答を頂いた中に、こんな方がいらっしゃいました。
「セーブしてやっても、その結果に満足できなくなるくらいなら、セーブしないでやるのが一番」と。
凄く納得しちゃいました。
と、同時に、他の皆さんからの回答から、体力付けるのも一つだな!と思えるようになりました。また自分の限界を高めるヒントまで得られてしまいました。

自分の限界は自分で決めている。
だからこそ、やってみないと解らないのに、自分を守るためにその手前で「限界」と決めてしまうのが人間の無意識にはある。
そこまでやる必要があるのか、と問われたら、それは単に自己満足と自己啓発に過ぎないのかもしれませんが、いつも自分の限界を高めていきたいからこそ、その「決めている限界」を超えてみたい。好奇心なのかもしれません。

長く続けられるためにはセーブも必要なのかもしれませんが、セーブするのは「休息をとる」という時で良いのではないかな。
拘る部分にはとことんリミッターを外して、自分の限界に挑戦し続けたいと思います。

あなたは、自分の限界、すごーく手前に見積もっていませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.