ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

マネジメント リーダーシップ 人材育成

リーダーは変化に敏感になる

投稿日:

先日、十数名のリーダー達とディスカッションをさせていただきました。
その際に、ふと私の言葉から、リーダーの一人が感想を伝えて下さいました。

「何だかsmilecoachさんと話すだけで元気になる理由が解りました。

 以前からどう変わったかを言ってもらえるんですよね。

 リーダーになると、なかなか見てても、言ってくれる人は居ないですからねえ。

 そう思うと、部下は僕達に見ててもらったら、一段と嬉しいでしょうね。
 リーダーは変化に敏感になることが大切なんだと思いましたよ。」と。

意識して伝えていたわけではないですが、変化など気づいた事があったら、反応を恐れず口にするようになっているのは、10年以上前から比べると、変化なのだと思います。

以前は、相手の反応がどう出るかわからないから、思っていても伝えない事が多かったのですが、たまたま最初の職場の人から「smilecoachちゃんは、いつも人を見抜くというか、深い気持ちまで捉えたり、微妙な変化を捉える能力が凄いよね。ドンドン発揮しないと勿体無いよ。自分のことを知りたい人なんて沢山居るんだからさあ。」と言ってくれたんです。

それが10年以上前。
それからです。「相手も知りたがっているなら、感じている変化は伝えよう。感じ取った事は伝えよう。」と考えられるようになったのは。

10年以上前の事を今回ふと思い出し、リーダーとして自然にできるようになってきていたから、その頃からの部下の成長が著しかったのかなあと、改めて感じる事ができました。

変化に敏感になり、変化を感じたら、ちゃんと言葉にしてみる。
単純に見える事が、部下にとっては、長期的に見てもらえている安心感と、喜び、成長実感だと受け取れるのかもしれませんね。

あなたもリーダーとして、部下に変化や成長を気づいた時に、すぐに伝えてみませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-マネジメント, リーダーシップ, 人材育成
-, , , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.