ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

ウィークポイントをカバーするのは・・

投稿日:

何名かの読者の方から、個人的にメールをいただきましたが、その後の体調はいかがですかとの事。ご心配をおかけしました。
正直、結果は出ていません。ということは今直ぐ、何かが起こるわけではないという事で一安心です。ご心配下さった皆様に感謝致します。
が、今回の事で少し変化がありました。
それは、体と感情、思考って繋がっているんだという体験です。

体調が悪い時には何ともならないのですが、それでもできることをしてみようと、得意の悪あがきで、ホットヨガを始めました。やっと2ヶ月です。
が、始めた頃よりも少し衰えていた筋肉に刺激が伝わっているようで、悪くなっていた膝の周りにも筋肉がつき始めました。

すると、膝の痛みや腫れはあるものの、歩くのが少しずつ楽になってきている事に気づいたんです。

気づいてみると、膝をかばってやっていなかったことができるようになったというよりも、やろうと思えるようになって、自然に集中力も高めないと、やりたいことが終わらないという充実感が生まれていました。

身体からなのか、思考からなのか、感情からなのか、は、どこからでもいいのかもしれません。
が、「悪いから」と思うと、自然に「控える」行動をしてしまいがちでしたが、「膝の骨の状態が悪いから、膝の周りの筋肉を鍛える」事で弱い部分をカバーできるんですよね。

仕事もそうですよね。チームで仕事をするのは、万能ではないから、お互いのよい点で、弱い部分をカバーしながら、更によい点を引き上げていくという事をしているのですものね。

たまたま地域の回覧で、自治会が素晴らしい提案をしてくださっています。それは「自助→共助→公助」のために、地域でもお付合いを大切にしていきましょう。という呼びかけでした。
自助に関しては、避難所というのは、その地域の人数分が確保されているわけではない。だからこそ、自分達でも備蓄などは必要。自分達でできることはして、その上でお互いに助け合いましょう。と。
まさに、「ウィークポイント」と言うと、悪い部分のイメージはありますが、ウィークポイントがあるが故に、磨ける部分もあるんだろうなと思うようになりました。

近くにもあるんだなあというだけで、体験のつもりで始めたヨガが、今、私の健康を支える筋肉を刺激してくれています。身体が動く事で、感情や思考まで前向になれています。

もちろん、一人だけの事ではなく、メールを下さった方々の支えがあることも、大きなエネルギーになりました。

どんな事でも、ウィークポイントを悪者扱いしないで、抑えるのではなく、他の事で、他の人との関わりで、他の思考で、他の感情で、逆に強化していける部分を見つければ良いんだなと思いました。

そのことを教えてくれた体調と、膝の痛みに感謝します。
そして、出会ったホットヨガと、メールを下さった皆さんの温かさに支えられました。ありがとうございます。

遅くなりましたが、ここでも感謝を伝えさせていただきます。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.