ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション 人材育成 組織の活性化

笑顔100%になる

投稿日:

仕事で笑顔が重要だと言われます。特に、人と接する仕事には必要だと言われます。が、そうでない仕事もあるかもしれません。私も前の製造業で、製造部門の人がニコニコしながら仕事していたら、「どうしたの?」と声をかけてしまうかもしれません。
が、人と接する時には、やはり笑顔が大切だと思います。
では、どうしたら笑顔になれるのでしょうか。

笑顔は、顔の大きな筋肉を使うために、笑顔はまず表情筋を鍛える事も大切なのです。表情筋が鍛えられると、非常に頬がふっくらしてきて、笑ってなくても表情が明るくみえるようになります。

けれども、先日「あなたの仕事中の笑顔に敢えて点数をつけるとしたら何点ですか」と問いかけた時に、100点です。と応えてくださった方がいらっしゃいました。
その方に「どうして100点で居られるんですか」と聴いてみると、こんな答えが返ってきました。

「だって、仕事そのものが好きなんです。だから、毎日楽しくて仕方ないんです。」
そう応える彼女の表情は、本当に自然な笑顔でした。

私も同じだあと思いながら、周りの人達にも聴いてみると、なかなか笑顔100点はいらっしゃいませんでした。
中には、「そもそも楽しいと思うことも辛いと思うこともないんだけど。」とおっしゃる方もいらっしゃいましたが、笑顔という観点から言うと、「仕事そのものが好き」「仕事が楽しい」と言える人は、自然な笑顔が出ているなと感じました。

仕事全てが楽しいとか、仕事の一瞬一瞬が好きって事じゃないかもしれません。
けれども、こうしている事が嬉しい、楽しい、幸せ、など、日々瞬間であっても感じられる仕事って素敵だなと私は思います。

私も同じだあと思った自分の体験を話すと、今の職で3回目の職となります。公務員、中小企業で事務から管理職、そしてコーチや研修講師としている今。
けれど、どの職も凄く楽しかったです。
日々、ずっと楽しいわけではありません。怒られたり、失敗したり、上手く行かなかったり、思うように出来ないことへの反発があったり、上司への不信感があったり、本当にネガティブな感情が起こった場面をあげて下さいと言われたら、沢山あります。
けれども、その辛かったことを乗り越えた時の喜びがあったり、自分が誰かのために役立てた事への嬉しさや達成感があったり、日々話せる人達が居て下さったりと、本当に楽しい瞬間が毎日あって、「ああ、この仕事って楽しい」と思うことが辛いこと以上に感じる事ができたのです。

山あり谷ありのはずなのに、ネガティブばかりを拾い上げることに長けていたら、仕事がつまらなくなるでしょうが、楽しいこと、嬉しい事などを感じるセンサーが敏感になると、辛いことも軽々乗り越える力に変わるような気がします。

きっと、笑顔100%の彼女も、私も、その楽しいことや嬉しい事を見つけるセンサーが敏感なのだろうと私は思います。
もちろん、「仕事そのものが好き」と言える彼女のお仕事は、彼女にとって、それ以上の意味をもたせられるキーワードを持っているのかもしれません。その場では時間がなくて伺えなかったので、今度お会いしたら聴いてみたいとは思いますが、小さな積み重ねが、大きな括りとして「仕事そのもの」になっていくのかなあと感じています。

あなたの中にも、内面から笑顔100%にする種が、気づかないけれど眠っているのではないでしょうか。

そのセンサーに敏感になるために毎日、振り返ってみませんか。
「今日、あなたが楽しいと思った瞬間は?」
「今日、あなたが感謝したい人は誰?」
「今日、あなたの言動で喜んでくれた人は誰?」
「今日、あなたが時間が短いなって思った瞬間は何をしていた時?」
「今日の自分を褒めるとすると、どんな場面のどんな瞬間の自分?」

どうですか。一つでもいいので、振り返りの問いにしてみてください。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, 人材育成, 組織の活性化
-, , , , , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.