ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

リーダーの影響力

   

今日は、コーチングメンターとのコーチングでした。その中で、私がデモコーチングを行い、そのコーチングに対し、フィードバックを頂くという事をしました。
その中での大きな気付きが2点ありました。

1点は、私の使う口癖による影響力について。
2点目は、同意をとることの大切さです。

1点目の口癖ですが、コーチングの最中に「はあい」という返事をしてしまう事です。
リズムとしては、頷きと同じタイミングなので、気にならない場合もあるのでしょうが、メンターには「smilecoachさんが代わりに考えてくれている時間」のように思えて、頼りたくなってしまうという事でした。しかも、この返事はずっと続くのではなく、話しが定まらないなと思う時にのみ発しているので、一段とそう感じたという事でした。

これは言われなかったら自分では見えない部分で、指摘されて気づけた事なので、良かったなと思いました。
以前にも別の方から指摘された事はあったのですが、その時は「なんか気になる」という事でしたので、意識して直したつもりだったのですが、まだ出ていて、しかもどんな影響を与える可能性があるのかを、知った事は大きかったです。

2点目の「同意」ですが、法律用語などで言うと「同意」とは、一方の者の意思表示または行為について、他方がそれに賛成することを意味します。つまり、一方が働きかけ、他方がこれに対応する関係です。とあります。
確認する事とは違うのに、私の中で、その言葉を意味を解った気になって、しっかり知ろうとしてなかったようなのです。
この同意の取れない状態で、会話を続けると、その後の会話がずれていってしまうことがあります。

途中からはこの同意が自然にとれてきたのですが、「働きかけによって」という部分が不足していたために、最初から「同意」がとれた会話が出来ていなかったのだなと感じました。
こういうことって、リーダーだと経験が豊富なだけに、より起こり易いだろうなと思うと、非常に重要な観点だと思いました。

頭で解っていても、その場に真剣に耳を傾けようとすると、自分の癖が与える影響がより大きくなってしまう事にもはっとしました。
経験を積むだけではなく、こうしてフィードバックを頂く時間というのが、大切なんだなあと思い知りました。

あなたも自分で無意識に与えている影響ってあるんじゃないでしょうか。それはどんな影響ですか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング, リーダーシップ, リーダーシップ研修 , , , , , ,