ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

信頼関係の育み方

   

敢えて自分で自分を苦しめているかのように、公言をしたことで、「やらなければならない状況」を自分で作ってしまいました。が、実際にこれが、信頼関係にも大きく関わっていることを感じています。

もう5年ほど前になりますが、リンクアンドモチベーションの小笹社長のミニセミナー?を伺いに出かけた時の一言が耳に残っています。
「信頼関係は、約束をし(宣言)、約束を守ること(実行)の繰り返しでしか生まれない」

そうだよなと思いながらも、積み重ねることの大切さと共に、「最近、宣言しているだろうか。口にしたことを実践しているだろうか」と、グルグル考えた時期がありました。思いつきのように、すぐに行動することはあったものの、宣言と実行を繰り返しているかというと、「こういう事したいなあ」と言いながら、構想を巡らせて終わっている事が多かったために、確かに信頼関係を創りあげられなかった事があったなあと感じていました。

先日、2年前の年末にコーチング・セッションを行った方が、「出来るか判らないけれど・・・」と仰っていた夢を実現間近になったことを知らせてくれました。この方とは、年に1度だけセッションを行うのですが、その時に1年の計画をつくり上げると、必ず実行される方なのです。ですから、お仕事で関わることがあるのですが、凄く信頼してお仕事を依頼できています。

やっぱり積み重ねなんだろうなあ。と思いましたし、約束は守るためにするものなんだよなと当たり前の事であろうに、しみじみ感じた事がここ数日の間にありました。

私も、とうとう宣言をしちゃいました。
あとは実行するだけです。
が、実行が適当になってしまった瞬間に、今まで積み上げてきた信頼関係も崩れてしまいます。これから育む方には、信頼される間もなく終わってしまいます。自分で自分の言葉に責任を持つことにもなり、私が自身を信頼出来る事にも重要な宣言になったと今感じています。

「信頼関係は約束することと、約束を守ることの繰り返しでのみ作られる。」という事を肝に命じて、かたちにしていきます。
ああ、でも自分の中でのチャレンジでもあるために、凄くドキドキワクワクします。形になった時にはまた報告します。

あなたは誰との信頼関係を育んでいきたいですか。
そのために、どんな約束を交わしますか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, リーダーシップ , , , , , ,