ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

いくつになっても感動していきたい

   

昨日、新幹線に乗ったのですが、3人がけの窓側に座った所、お隣に70代だと思われるご夫婦が座っていらっしゃいました。このお二人に非常に刺激を受けました。感動って大切なのだなあと。

関西から乗っていらっしゃったお二人。私が名古屋で乗り込んだ時には既に落ち着いて座っていらっしゃいました。椅子を倒すわけでもなく、ずっと奥様が通路側のご主人の方に少し身体を向けながら、お話しをされていらっしゃるようでした。

会釈をして、窓側に座り、携帯を少し触っていると、その奥様が、カバンの中から本と赤鉛筆を取り出し、読み始められました。
本好きの私は何の本を読んでいるんだろうと、チラッと拝見すると、「7つの習慣」???自己啓発本???見間違えたかと何度も何度も見てしまいました。すると、ビッシリと赤線と、書き込みがあります。

そして、時にご主人に「ほら、あなた、ここの部分凄いわよ。」と読まれると、ご主人も「そうだよな。でもなかなか出来ないよな。これをできるようにしたら変わるだろうなあ。」と奥様の話に耳を傾け、感想を伝え、お二人で「そうだよなあ」と感慨深く考えていらっしゃいました。

私も本を読み始めると、奥様が話しかけていらっしゃいました。
奥「あら、何の本?」
私「こんな本です。」(表紙を見せる)
奥「お若そうなのに、何でその本なの?」
私「講演を伺って、もう少しこの人の考えを知りたいと思いまして。」
奥「あらあ。そうなのね。私はこの本よ。人生これからだからね。」
私「名著ですよね。」
奥「知っているの?嬉しいわ。これ難しいのよね、実際にするとなるとね。
  でも主人と実践しようって言っているのよ。何回読んでるかしら。」
私「そうなんですね。実際にされるって素晴らしいですね。」
奥「そう?主人が65歳まで仕事ばかりだったから、まだ結婚して10年も
  経ってない気分でね。こうして旅行に行くのが楽しみなのよ。
  人生これからと思うと、こうした本も読んでいきたいわよね。」
私「素敵ですね。私もお二人を見習います。」
奥「あらそう?嬉しいわ。」

と、会話は終わりましたが、興味を持って下さる事自体嬉しかったです。そして、好奇心が続き、何かをしてみようとお二人が楽しんでいらっしゃる事が伝わってきて、思わず笑顔になってしまいました。

そして、また私は本を読み始めたのですが、いつの間にか寝てしまいました。

どの位の時間が経ったのでしょうか、奥様が「ちょっとちょっと」と起こしてくださいました。
到着したのかと思ったら、「ほら、富士山が綺麗に見えるわよ。ほら、見える?」と。

お二人は、もっとちゃんとみたいと、デッキに向かわれました。が、私も綺麗な富士山を見ながら、何度となく通っているけれど、こうしてしっかり見たことがなかったかもなとじっと見てしまいました。

その後、お二人が戻っていらして、「起こしちゃったけれど、富士山、見られて良かったわよねえ。綺麗だったわよね」と。本当に綺麗でした。
新横浜で降りられた二人は、「じゃあね、元気でね。」と降りて行かれました。「良い旅を」とお伝えし、降りられてからも手を振って下さるお二人に手を振り返しました。何だか幸せな気分になりました。

きっと、お二人の少しの事にでも感動できる様子を見て、いくつになっても感動できるって素敵だな、自分もそうなっていきたいなと思えた出会いを出来た事が嬉しかったからだと思います。
お二人から見せていただいた「いくつになっても感動できる心」「いくつになっても『これからだから』と言える若さ」を見習っていきたいと思います。
そのためにも、やっぱり人との出会いを楽しんでいきたいと思います。

あなたは、今日、どんな事に感動できるでしょうか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション , ,