ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

時間のゆとりをどう持つか

      2013/02/01

まだ今週ではありますが、ちょっとバタバタすることがあり、時間管理の方法をまたまた試してみました。それは、計画を立てる段階で、ゆとりをどの位計算しておくかです。

前回、1週間の時間を分析してみることで、時間管理が改善されるというお話しをしました。
が、この時間管理、非常に効率的になり、ゆとりが作れるようになったことで、いつもよりもやりたい事が進むようになりました。

すると起こった事が、「今の管理なら、これもできるし、あれもできる」と、1日の予定を入れすぎてしまうようになり、出来ないとイライラするようになってしまったのです。これでは、時間の効率化ができても、心のゆとりは失われているようで、バランスとして良くないなと感じたのです。

そんな時、ふと以前買った本をみて、「一つの仕事に関し、自分が見積もる時間の1.4倍の時間を確保しなさい。イレギュラーの対応と、心のゆとりに繋がります。その上で早く終われば、時間を前倒しにすれば、時間管理の自信にも繋がります。」と書かれていました。

今週の月曜日からではありますが、実行をしてみました。
すると、ゆとりができて、イライラすることが無くなったのと、最初から休憩時間も寄せてとれるように頑張ろう!とやる気も尽きることなく続ける事が出来ています。

多少、イレギュラーで大きな時間ロス?(その時は必要な時間でしたが、計画の上でのロス)はありましたが、その分は次の日までには取り返す事ができました。
まだ一週間ではありますが、非常に心地よく計画を進める事ができている事が自分でも「心のゆとり」と「時間のゆとり」に繋がっており、不思議な気分です。

きっと、分析をしたり、こうしてゆとりを持ったりという事を、交互にでも続けながら、自分の中の心地良いバランスというものを見つけていけるのかもしれません。

が、この一週間で成果のあったことでしたので、あなたにもオススメしてみたいなと思いました。
時間のゆとりを持つことで、心のゆとりも手に入れてみませんか。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ, 人材育成, 組織の活性化 , , , , , , ,