ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

目に見える心の距離

   

昨日(2010年5月27日)は研修を行いました。3時間ではありましたが、明らかな変化がありました。それは・・・。

ずばり「心の距離」です。もう少し言えば「パーソナルスペース内に許容する」という感じです。
パーソナルスペースとは、自分が安心安全だと思う自分の周りに張る見えないバリアみたいなものです。信頼関係でない人だとこの枠内には許容しません。だからその距離を保つものなのですが、打ち解けあうと、信頼関係が出来てきて、パーソナルスペースを徐々に許容できるようになるのです。

昨日は、同じ職場内から上司と部下(一人)が一緒に参加していました。最初から距離が短いペアも居ましたが、なんとなく警戒感を感じました。
その後、ペアが別れて話をしたりしましたが、その後は非常に和気藹々と話しをしているうちに、その距離が徐々に近づいていくのを感じました。

三時間たってみると、参加したペアの距離はぐっと近くなっていました。
30組以上のペアで参加された皆さんが最初に距離を目に見える形で表してくれました。非常に見ている側も嬉しくなりました。

参加したペアはリーダーとマネジャー。
二人の距離が離れたままでは、組織自体の安心感は生まれてこないのかもしれあせん。

あなたは、相手への距離感はどんな距離ですか。
信頼し、パーソナルスペースに入れられる人と、距離が遠い人の違いは何ですか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション研修, 組織の活性化 , , , , , ,