ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

リーダーの意思が伝わる

   

昨日は、あるリーダーの巻き込み方を拝見できました。他の方の参考にもなりそうだったので、ここに載せます。

とあるリーダーがチーム内で自分の思いを伝えました。
が、先週に既に、「◎◎とは何か?」という事を考えてくるように宿題が出ていました。その上でのお話です。

「先週、出しておいた宿題覚えているだろうか?」
(挙手を求めたところ、1割程度の方が手を挙げました)
「おっ、じゃあ、××さん、何だった?」
(答えさせる)
「そうそう、それについて考えて欲しかったんだよね。まだ考えたことない人は今の瞬間でも考えて見て欲しい。
 いいかなあ。さあ、△△さん、どう考えた?」
(数人に聴く)
「考えてくれたわけだけれど、この会社としての◎◎の答えは『・・・・・』としていきます。それは、こう考える事で・・・・となるからです。」

部下は真剣にその答えを聞き入っていました。
実は、これがそのリーダーが伝えたかった事でした。
その上で、個人についても考えていこうと話をしていました。

皆さんがうなづきながら、真剣に聞き入っている様子は、なかなか見ることができません。
その上で、確認もしていました。

伝えたいことをただ一方的に伝えるだけではなく、自分の意見とチームメンバーの考え方を答え合わせさせるような形で、自分の伝えたい事に意識を向けさせる事をされていたのでした。

問いかけて、一緒のレベルで考えさせる。(しかも、少しの時間をあける)
その上で、答えがあれば答えを伝える。(これが自分の伝えたいことになっている)
補足で話をして、伝わったかの確認をする。

意思を伝える事は、一方通行ではないという事を改めて観させていただいた気分でした。
団結していて、明るいチームの源はリーダーの関わり方なのかなと考えさせられました。

これから何度か関わらせていただけるので、その後の変化や成長を楽しみに見ていきたいと思います。
また、自分もリーダーをモデルに、更に問いかけていく事を考えていこうと思います。

あなたは、何かを誰かに伝えたい時に、どのように伝えていますか。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - リーダーシップ, 組織の活性化 , , , , , , ,