ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

私自身のエネルギー危機を実感

   

「自分が最高のコンディションで仕事やプライベートに望める状態を作るには、心身のエネルギー充電が大切。」
「7つの習慣」の著書であるフランクリン・コヴィー氏の新理論の一つです。私は、このエネルギー充電の一つを意識できてないんだなと思い知らされた。

フランクリン・コーヴィー氏が雑誌で新しい理論を発表された他の項目は、自分の中で、意識していることだったのだけれど、このエネルギー充電(コーヴィー氏は「エネルギードライバー」と呼んでいます)に関しては、頭で解っていても、体系的に理解していなかったのだろうと思います。

きっと多くの日本人が意識した方が良い事なのかなと感じましたので、ここにシェアします。

このエネルギードライバーは5つあり、この相互作業で脳の活性化が起こるのだそうです。

  1. 運動(集中力・注意力・思考力に作用)
  2. 食事(継続性)
  3. 睡眠(判断力・記憶力)
  4. リラックス(過多だと脳や身体に直接的にダメージを与える)
    1. 休憩を一日のうち、10分程度でも取る
    2. その時には、ゆったり寛げる時間を作る
  5. 社交(直接的エネルギーの充電となる)
    1. 大切な家族や友人、パートナーと共に過ごす時間を取る

これらが、5つのエネルギードライバーは、短期的には影響が見えにくいので軽視されるが、5年10年経った時に、「自分へのエネルギー危機」が訪れる。

以上がまとめたものです。

多分私の中で、今まで睡眠をおろそかにしていたので、今になって体調に現れてきたのだろうな。運動をおろそかにしてきたから、今かなり身体が無理をできなくなってしまったのだろうな。
年齢のせいにしてきたことが、自分の生活習慣の中で蓄積してきたものだったのだと痛感しました。

これから更に年齢を経ていくと思うと、今からでも「エネルギー危機」を脱していかなくてはと危機意識も持てました。

今、色んな経験を重ね、自分に問いかける時間を持ち、自分がやりたいことがはっきりしているにも関わらず、エネルギー危機に陥ってしまっている私が居る事を認識しながら、これ以上のエネルギー危機を迎えないように、エネルギーの蓄積をしていきたいと思いました。

あなたもエネルギー危機に陥る前に、或いは陥っていたら今後更に悪化しないように、お互いに気をつけていきたいものですよね。
あなたのエネルギードライバーは、5つとも機能していますか。
周りの人のエネルギードライバーは錆びていないでしょうか。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ , , , , , , ,