ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

体験に勝るものはない?

   

昨日は、久しぶりにインプットのために研修を受けてきました。内容自体は勉強になり、使える!と言う体感はありましたが、自分達の言葉に変える段階で、体験にまさるものはないんだなと感じさせられました。

私がずっと気になっていて、チームビルディングの要素として欲していた部分が学べる研修だったので、その部分を得るために受けた研修でした。
一緒に学んでいらっしゃるメンバーは、コンサルさんがメインで、中にはこれからいかしていこうと資格取得に向けて受けていらっしゃる方もいらっしゃいました。

セミナーはインプットメインです。しかし、講師が、学んでいる途中で「じゃ、ここまでを自分の言葉で表現してみましょう」という場面が昨日だけでも3、4回ありました。

そうなると、私の場合は、完全に使いたい組織の顔や状態が浮かんでいるので、ずっとその方々に使う前提の解釈になっていました。
しかし、現場というものが浮かばない方々は、学んだ事を丁寧に言葉にされていて、お勉強という意味ではすごくモデルとなるまとめ方をされていました。

終わった時に、その方々とお話したら、「場面が浮かぶ話しって、聴いていてもわかりやすいですよね。勉強だとどうも真似になっちゃって、自分の言葉にならないんですよね」というお話をされていました。

それぞれ思いがあっても、消化の仕方が「勉強」になってしまうのか、「使う」になってしまうのかによって、全く違ってくるんだなという事。場面が浮かぶ事によって、インプットの仕方が違うということを、言われて気づくことができました。

場面を浮かべられるというのは大きな事だなと感じましたし、先生の話しも体験談が多いのですが、体験談を話される時の話しはやはりインパクトが大きいのです。体験というのは貴重なのだなと感じました。

これからも「体験」を失敗も成功も含め、どんどん積み重ねて、学んだ事も更なる体験に変えていこうと思いました。

あなたは自分自身の言葉で伝えていますか。体験を言葉にしてみていますか。

 お問い合わせはこちら

 - リーダーシップ, 人材育成 , ,