ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

違和感を伝える

   

今日は、コーチング三昧の一日です。その中で気づいた事。私が黙ると不安そうになってしまうということ。
良くないなあと思うのですが、相槌が減ってしまって、どうなんだろう?って聴きいってしまう時にたまにあるのですが、そのことで相手は相当不安になってしまうんだろうなと思いました。

結果、聴いてわからない事は、相手に「違和感があるんだけど」とそのまま伝えるか、「話していてどんな気分ですか」と相手に聴いてみた場面がありました。そうすると、本人も違和感を持っている事もありましたし、目を背けていた部分を「ここか」という「目を背けてばかりはいられないよね」という事になっていたりするようでした。

そんな事が今日は続きました。自分としては、もっと早くに伝えてあげられたら不安はないのかもしれないという反省もありましたが、その反省から、あれ?と思った時にすぐ伝える事の大切さを改めて感じました。

タイミングが大切という事は解っていても、タイミングを逃してしまっているのかもしれないなと思いましたし、相手が何を言わんとしているかと真剣になりすぎると静かになってしまう自分の癖も感じる事ができました。
まだまだ発展途上。
これは、相手から私に伝えてもらった違和感だと思って、自分も直していきたいので気をつけます。
やはりコーチングは対等なんだとつくづく感じました。

違和感を伝え合う。それだけでも大きなフィードバック(そのままを伝える事)なんですね。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング, 人材育成, 組織の活性化 , ,