ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

驕っていたのかなあ

   

自分の中で未だに良く解らない事が沢山あります。自分自身の事、人様の事、環境・・・などなど。
私自身、今朝はドキッとする夢で目が覚めました。

今朝は本当に手先が震える思いで目が覚めました。

それは、夢の中ではありましたが、研修の打ち合わせか何か判りませんが、そんな場面で男性3名、女性1名が向かい側の席に座っていらっしゃって、座敷のようなテーブルで、私だけが今回初参加。他の皆様は数回携わりがある方々のようでした。相手の立場がどういう方かはわかりません。
その時、私は一人ひとりとコミュニケーションを取ろうとして、お話をさせていただいておりました。

ところが、女性の少し年上の方とお話を始めた途端、その方が急に「なんであなたのような人がここに居るのか、私は解らないのよね。あなたが出来ると思ってるの?」と急に怒鳴られたのです。私は「そう思わせる振る舞いがあったのであれば、申し訳ございません。」と言うと、他の男性たちが「急にどうしたんだろうねえ?虫の居所が悪いだけだから、気にすると、今からの仕事に差し障るよ」と声をかけて下さったのですが、私は「何か悪い部分があったのであれば、自分で気づけてないので教えて下さい。」と彼女に話しかけていました。彼女は一言「そういう態度全て」とまた、吐き捨てるように言いました。

そこで、目が覚めたのです。怖かったです。

夢なんだからって思いたい部分もありましたが、あまりにもリアルな感覚があり、私の中での恐れが見えたのかなあと思いました。
「誰とでも仲良くしたい」→「嫌われたくない」
精一杯やる → 文句を言われたくない
みんなが納得できるようにしたい → 駄目だと思われたくない
これらの思いばかりではないとしても、きっと綺麗な言葉で飾って表現したことも、どこか自分の恐れからだっだのかなあ。そんな事を起きてから考えてしまいました。

そう思って、改めて自分を見てみると、本当に(心が)小さいなあ。そんなつもりは無くてもどこかで驕っている自分に、自分自身が教えてくれたのかなあとも思えました。
人前で立ち、一緒に成長していこうとしている自分が、いつの間にか「私はできているけど・・」と言う思いになってしまってなかっただろうか。成長を自分で止めてしまってなかっただろうか。問いかけるきっかけになりました。

午前中、いろんなことをしながら、やっとここまで考える事ができたので、気持ちを整理でき、やっと次に何をしたらいいのかを考えられるようになりました。

「やってるつもり」でやってないことや、逃げている事から、目を背けないで向き合ってみよう。つまり、「やってるつもり」の「つもり」を無くすために、本当にやることなのかの選別も含め、まずは細かく指摘されたことのあることなども書いてみます。その上で、指摘された事があることは、まだまだ「つもり」かもしれませんので、Nozbe等に書きだして、実際の行動に起こしていきます。

次に、自分がしていきたいのに妥協していることがあると思うので、「やりたいならやる」
それだけです。

驕っていたための夢なのか、自分を過小評価しているための夢なのか、それは判りません。
けれど、その後考えた事が、「つもり」の話しであったとすれば、きっと今の私にはそうなんでしょうね。

悩む前に実行!

私の原点に戻ってみようと思います。

それにしても、怖かった。久々の夢がこれでは淋しいよなあ。楽しい夢見られるようにしようっと。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ , , ,