ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

TO DOリスト が必要な時

   

あれもこれもやろうとしている時ってあなたはどうされていますか。

私は、以前の職場だとA6位に切った裏紙に、一枚一仕事で書いて、机の透明な下敷きの間に挟んで、重要度によって入れ替えたりしながら、忘れないように網羅していました。すぐ見えるし、やるべき場所においてあるので、重宝していました。

しかし、少し前までは手帳とNOZBEの活用をしていましたが、ネット環境がない中では、手帳しかなく、結局上手く使いこなせてない状態です。
しかも忙しくなると、その手帳さえ日々の予定を追うことでいっぱいいっぱいになって、TODOリストを見ることが億劫になってしまうのでした。

けれども無いと忘れてしまうので、今はどうしても使うパソコンのデスクトップに書いてあります。それでも忘れてしまうこともありますし、思いついた時にメモできない時は、携帯のメモを使うようにして、TODOリストを復活させました。

でも、やることを並べてみると、そんなに沢山あるわけではないんですよね。気持ちが焦ってしまっているだけなんです。本当に忙しい時ということは、きっとまだ私の中で体験できてないのだと今は思います。

こうして書いてみると、そんなに沢山あるわけではないTODOに、「集中してもいい安心感」をもらい、今日も二つのTODOを終了させることができました。

ほんの僅かな事が、安心に繋がり、集中力を高めてくれるのであれば、こんなに良いことはありません。TODOリストは正直好きではありません。「やりたい」ではなく「やるべき事」に観えてしまうからです。けれども、本当に「やるべきこと」だけを書くTODOが空になれば、やりたい事に集中できるんだろうなと思うと、これもまた嬉しくなります。

残り少いTODOを早く終わらせようと今は思っています。

ちなみにNozbeはこうしたものも総括して使えるものなので、無料版もあるし、スケジュール管理を考えて居る方にはオススメです。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ , , , , , ,