ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

リーダーの見かけは大切

   

今朝、コーチの勉強会としてプレゼンスの事について扱いました。リーダーの「『人は見かけじゃない』と言われますが、結構見かけで判断してしまっていることって多いんですよね」から始まった内容が、非常にインパクトがありました。

この勉強会の中で、自分たちの体験をシェアしながら進めた部分がほとんどとは言え、最後にシェアした人の一言もインパクトがありました。
「何を言うか、ではなく、誰が言うかを見ているんだな。」

これって誰でもそうなのかもしれませんが、特にリーダーには重要な事だと思いませんか。
辛辣な意見としては、ブローバルにご活躍されているコーチもいらっしゃってどんな言葉かは申しませんが、こうした事にも意識を向ける必要があるということが沢山でていました。結構自分も見ている観点もありましたが、そうでない観点もありましたので、リーダーさんのために・・・。

 ・髪の毛が整っているかどうか
 ・目線
 ・肌の艶
 ・肌の血色
 ・口元が上がっているか
 ・姿勢
 ・手の動き
 ・口元に締まりがある(宮本てるは口元)
 ・歯に物がつまっていない(のりが見えている)
 ・声のトーン
 ・靴が汚れてないか
 ・着こなし方(全体のバランス。靴だけサンダルって)
 ・フケがないか
 ・座り方(ずり落ちる程の人も居る)
 ・表情
 ・食事の仕方(クチャクチャ食べる人は良くない)
 ・笑顔
 ・持ち物(メガネ・時計など)
 ・目の輝き(気を出すと思うと出るらしい)
 ・袖口のボタン・よごれ
 ・目から自信
 ・匂い(コロンのつけすぎなどにも注意)
 ・体型に合った服になっているか(自分の体に合っているか)
 ・話し方のスピード
 ・お辞儀の仕方
 ・体型(体を鍛えないと、その体型が服を着た時にも見える)
 ・滑舌(女性が口紅を塗るようにすると滑舌は良くなる)
 ・Yシャツのボタン
 ・声の大きさ
 ・鼻毛(フィードバックしづらいよね。自分で気をつけよう)
 ・ネクタイが曲がっている
 ・ネクタイピンが真横じゃない
 ・歩き方(日本人は歩幅が狭い。大股で、膝と背筋を伸ばして)
 ・服にシワ(野暮ったくみえる)
などなど、まだ沢山ありそうでした。
結構、色々見た目で見ている部分ってあるんですよね。自分も気を付けたいと改めて思いました。特に体を鍛えなくなっているので、健康のためにとか、太らないためにって思っていたのですが、見られる仕事でもあると認識して、危機感を持ちたいと思いました。

とは言え、全員一緒でなくても、コンサルタントではないのですから、その人のなりたいイメージなども意識した上でコーチングでは個性を活かしたプレゼンスを扱う事が大切なんだとコーチのリーダーがおっしゃった事が印象的でした。

リーダーのプレゼンスについて、気付いていても伝えてない事もあったかもしれませんが、その点についても触れて行くことも大切なんだなと感じました。

自分の再認識と、このブログを読んでくださっているあなたの意識が広がればという思いで書きました。
あなたはどう見られているのでしょうか。
どう魅せたいのでしょうか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング, リーダーシップ, リーダーシップ研修 , , , , , , ,