ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

自己実現って何だろう?

投稿日:

自己実現って何?自分を実現?自分の夢の実現?自分が至らない部分の穴埋め?目標達成すること?????
自分は自分。ふとそんな思考をした時に、今の自分を受け入れることがいかに大切かを知りました。じゃあ、どうすればいいの?

捉え方の話をこのブログでもしてきましたが、今回の事を考えるきっかけになったのは、SQを学んでからです。
昨日の記憶の話ではないですが、私は時間ができると本を読む前に、自分が受けた研修や講演の資料やメモを再度読み返します。最低1度は読み返さないとファイリングをしないので、山積みになっている研修資料を見ていました。その中でやはり最近の衝撃は二つの研修。大橋禅太郎さんのセミナーとSQの講義でした。

SQを理解するうえで、講師がマズローの5段階欲求を参照にされましたが、「自己実現」と言われる部分にどうしても違和感を覚えるようになっていました。「自分は自分なのに」そんな違和感です。
でも、自分が何に心を動かされ、何に熱中し、リスクがあろうがなかろうがそれをしたい気持ちになるのか。それがわかって、その事を求めるのがこの段階だと分かりました。

ところが、実際には自分を見るときも「良い悪い」「大きい小さい」「早い遅い」「あの人より◎◎」なんて、評価ばかり。評価するのは頭であって、感覚じゃないものね。自分の事駄目だしするのも評価。いいやつだって思うのも評価。結局、これは本当に受け入れているってことじゃないなあと私には思えたんです。

だったとしたら、自分を受け入れるってどうしたらいいのか。
評価しなければいいんだなってことです。

「うわあ、△△さんに◆◆って言われたら、イライラしているな私」「今、知らないうちにここにいるよ。なんでいるんだっけ?」「◎◎をしている今の私はワクワクしているな」「今、××って言葉○回も使っているな」などなど、その時その時の自分を評価をしないで見てみることかなって思います。まるで鏡をみているかのように。
それによって、何が起こるのかは分かりません。また起こらないのかもしれません。でも、自分は鏡に映している感覚だなと思います。
そのことがみえてくることで、自分の自然とやってしまっていること、ワクワクすることなどが見えたら、そういうものを自然に求められるようになるのじゃないかなあ。というより引き寄せられていくんじゃないかなあ。そんな事を私は思っています。

そう思うと自然に引き寄せられているものがある状態も感じられている今は、自己実現というものを既にしているのかもなって思います。今の私なりのね。これからまた何に引き寄せられていくのか。それは社会の中の一人の私なので、社会と接する事で自然にその方向にひかれていくんだろうなあ。

感覚的な話しで分かりにくかったらすみません。
でも、まずは自分を評価をしないで見てみませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.