ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

変化を目に見えるようにする

   

数字というと、仕事上では「縛るもの」と毛嫌いされる傾向にあるような気がします。けれども、この数字など目に見える形にするというのは、すごく大切な事なんですよね。

思い起こしてみると、毎月定期的に出てくるデータがあります。経理的なもの、HPやブログのアクセス解析、研修の評価など。
こうしたデータは、意識しすぎると「追っかけてくるもの」にも見えますが、先日、その中のブログの解析を見ながら、サイト構築をしてくださっている方とお話をしていたら、二人で思わず喜んでしまいました。
それは、当初の目標だったアクセス数に達したからでした。低い目標設定とは言え、私には大きな事でした。「もっと頑張って、今まで通りに続けていこう」という気持ちになりました。
継続する力に変わったのです。

数字ばかりを意識するのではありません。
けれども、その結果としての数字を確認でき、今までとの変化を見られるようになると、「続けていこう」という気持ちが更にましてくることがわかりました。
今までの仕事でも、数字に囲まれていましたし、自分が職場の管理をする時にもデータを作っては、マネジメントに活用していましたが、たまに「これじゃ、モチベーション下がっちゃうかも」と思える時もありました。その経験から、数字は極力少なく。という選択を無意識にしていたのだと思います。

けれども、そのおかげで、変化を感じ、成長を喜び、次の継続のエネルギーになると知りました。これは、数字に限ったことではなく、明確にすることができれば、変化は感じ取れます。

コーチングでも目標設定を大切にするのですが、やはり目に見える目標にしておくと、達成した時の喜びも味わうことができるという事もあります。

目標や途中経過などを定期的に、目に見える形で表せるようにする事って、こんなに大切なのかなと改めて感じられました。
あったりまえでしょ?とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、何度となくこうした事を体感し、更にその重要性を受け留めることができたので、今日はこの事を敢えて話してみました。

あなたはあなたの変化をどのように感じていますか。
それはどのようにしてわかるのですか。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, 人材育成, 組織の活性化 , , , , , ,