ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

人に紹介したくなる人やチーム

   

近頃、なんだか人をやたらと紹介したがっている自分がいる事に気づきます。無意識に自分が欲しているのかな?と思うのですが、それだけではなく、関わりが人を変えていくんだとつくづく感じます。

コミュニケーションをとっているうちに、結構「人を信じすぎ」と傍からみて思われるほど、信じてしまいます。おかげで色んな勉強をさせていただくこともありますが、それでも「この人っていい人だなあ」と思ってしまうんです。これは私の特徴なのでしょう。
そうなると、その人が頑張っていることについては、自然と応援をしたくなってしまいます。

この人はどんな事を頑張っているんだろう?私はすごいなって見守るだけなんだよなと思いながらも、「あの人のところなら」「あの人の居るチームなら」と、どんどんそのチームまでも紹介したくなってしまいます。最近は、周囲にいらっしゃる方々のお仕事をご紹介したくなっているような気がします。

「そんな事やっても、間に挟まれて大変なだけだよ」と苦言を呈してくださる方もいらっしゃいますが、それでも紹介したくなっちゃうのは、自然なんですよね。

こう考えた時に、前の職場の一つのチームを思い出します。
そのチームはメンバーは変わってないのですが、リーダーが変わりました。AさんからBさんへ、そしてBさんが退職されてまたAさんへ。
Aさんの時は、頑張っていらっしゃるのですが、一人でがんばろうとしているんですよね。チームというより自分が自分が・・・というのが伝わってきていたので、「チーム全体で頑張ってくださいね」とお願いをしていましたが、結局メンバーを力で動かして、指示命令だけで動かそうとしていました。挙句の果てに「私はこれだけやっている」と豪語していました。

ところが、Bさんが、たまたま外部から転職していらっしゃって、マネジメント能力もありそうだからという事で、採用早々Aさんの下にサブリーダーとして就きました。しかし、2ヶ月後にはリーダーになりました。Aさんを他の部署のリーダーにしたのです。人事異動でした。

すると、Bさんは、日々の目標を与え、コミュニケーションを取り、わからないことは部下に教えてもらいながら、一日の目標を達成するとチームの人の手を一旦止めさせて、みんなで拍手をするんです。そして、次の日の準備にとりかかる。という事をしていました。
メンバーがどんどん活き活きしてくるだけでなく、休む人もほとんどいなくなりました。

その方を見ていて、リーダーシップのあり方を再度考えさせられました。自分に足りなかったものも見えて、コミュニケーションの質と量の大切さを知りました。
Bさん一人が変わっただけなのに、チーム全体が変わるんです。という事は、一人の力がみんなを動かすんだなと確信もしました。ですから、他のチームにも、あの人のやり方を真似できないかなあと見るように薦めました。
自然と、そのチームに私が振り分ける仕事も増えていきました。

上司ばかりを気にしていたAさんは、また硬直したチームを別のところでも作ってしまいました。Bさんを見るようにと言っても、プライドが許しません。ですから諦めかけていたのですが、Aさんを見ていて、私がBさんを変えるのではなく、私の問い掛け方に問題があるせいで意地にさせているだけかもとも思い始めました。こう思えるようになったのもBさんのおかげです。

結局、Bさんは年齢的に定年に来てしまい、継続をお願いしたのですが、体力の限界もあり退職をされました。けれども、退職後も顔を出しに来てくださいました。Bさんに教わったことは本当に大きかったです。

そんな出来事があってから、一人でもチームの事を本気で考えて、行動し続けている人がいれば、そのチームは素晴らしいチームと思えるようになりました。ですから、今でも私は、前の職場は私の誇りです。思いを持っている人がいて、その意思を受け継ぐ人も居るからです。こうなると、どんどん紹介したくなってしまいます。

私の出会う皆さんは、私には素晴らしいと思える方々ばかりです。
ですから、この人とこの人の会社同士が関係を持てたらいいのになと思って紹介をします。けれども、私が思うだけで、お互いがそう思うかは別なので、そこからはビジネスライクでどうぞとお話をしています。

関係ができる人たちも、できなかった人たちもいらっしゃいますが、それでも、きっと私の大好きな人たちに関わりあって欲しいんだろうな。
私のエゴなんですね。

それでも、最近を振り返ってみて、紹介したくなる人や企業の特徴は、コミュニケーションの量が多いという事でした。
安心すると、ついつい「わかってくれる」「私もわかっている」というつもりになって、コミュニケーションが減って誤解が増えてしまうこともあり、関係性が悪化してしまうこともあります。
けれども、すごいな、紹介したいと私が思う、信頼のおける人たちは、ずっとコミュニケーションがあるんですよね。この違いは大きいんだなと改めて考えなおしました。

あなたのこれから付き合い続けたい人たちとのコミュニケーションの量はどうですか?

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング, リーダーシップ, リーダーシップ研修, 組織の活性化 , , , , , , ,