ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

物事は捉え方次第とは思っていても・・・

   

物事は捉え方次第だよな。そう思って、今日も「娘のおねしょのおかげでシーツや毛布が洗えた」と喜んでいました。しかし、捉え方を変えられない時もあるんです。そんな時あなたならどうしますか。


ほとんどの物事は、ネガティブな捉え方をしてしまっても、その後、「でもさ」とポジティブに考えられるところに落ち着ける場合があります。
この時は、段階を踏んでいる事が分かります。
1.うわあ、私ネガティブだなあ。=今の状態を受け入れる
2.なんでこんなにネガティブに考えたんだろう?=原因を探ってみる
3.なんだ、そんな事か。=原因が見つかる
4.だったら、こう考えてみよう=違う視点での捉え方をみつける
全員が同じであるとは思いませんが、私の場合はこうしたことが多い気がします。

しかし、2の段階に至りたいのに、自分を防御している事だったりすると2段階にはいけなくなってしまいます。結果的に、相手が居れば相手を攻撃してしまうこともあります。
最近の中では、自分の師匠に「最初に入った約束を優先すること。そうでないと後の人が重要であるということを暗に伝える事になるよ」と気をつけるように指導を受けました。
そのため、この部分にはこだわりがあるから、そうしてくれない相手に対し不愉快だと感じるんだと思っていました。が、よくよく考えてみると、もっと利己的かもしれないと気付いてしまいました。
「自分を大切にしてくれなかった」「私よりも他のことを優先させたんだ」そんな自分の思いが、1段階に留まらせてしまっているのだと気付いてしまいました。

自分ってば心が小さいなあ。って思ったら、急に穏やかになってきました。
ただ単に受け入れるよりは時間がかかるだろうけれど、ちゃんと自分の醜さも受け入れた上で、次の段階に進まないと表面だけの納得になってしまって、無理をしてしまうなと感じました。

いやあ、小さい小さい。
でも、そう思ったのは私。ありのままの私。それが小さく見えるのは、私ってば何と比べているのかな?
比べる事もないのにね。
結構、人っていろんな捕らえ方の箱の中に生活しているのかもしれませんね。

あなたは、どんな時にイライラしますか。
どんな時に何と比べていますか。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング , , ,