ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

場を見ることの大切さ

   

昨日(2011年8月4日)は、会議運営コーチの養成講座だったのですが、チームにも、運営者にも癖があるものだなと感じましたし、何よりも内容だけに集中している時よりも、何でも言える場を作りながらの方が、会議の内容が高まることを改めて感じました。

一つの視点としてなのですが、アクションラーニングという質問会議で設定されているのが、「場づくり」です。そのためには、会議内容ではなく、その場の雰囲気に関わっていくという関わりをするのですが、人の癖として、その運営が得意な人と、会議内容の仕切りが得意な人がいらっしゃって、そのどちらも見ていくというのは、トレーニングが必要なのだと感じました。

具体的に言いますと、何となく突っ込み辛い内容の会議に対して、一度「いい辛い。どこまで話していいんだろう?という話をさせてしまう。すると、何でも話すから、何でも聞いてくださいという事が確認できた時に、突っ込んだ質問と率直な答えが繰り返されて、内容の質さえ変化していきます。すると、内容の質が変化することで、短時間で、予定調和以上の答えを持てる場合が多くありました。

とは言っても、数回繰り返していると、お互いが何でもいえる状態は最初からある状態での会議になって行きます。そんな時に、場作りに関わらなくても、内容に集中したほうが早くなる場合があります。
そうなると場作りの大切さが不透明になってきそうですが、その時に更に内容以外の場作りに目を向けると、それ自体が、会議以外の場でも「こうしたらいいんだあ」という気付きに繋がることもありました。

見ていて、この場作りに目が向けられるチームは、内容の質があがり、行動計画を立てる頃には、その人のために私に何ができるのかを考える人達ばかりになっていました。
どうしても、内容ばかりに拘ってしまうのですが、場の管理の大切さを改めて目の前で見ることができました。

人ってやはり感情の生き物なんですね。
感情がどうあるかによって、全く成果物も変化してしまうのですものね。
改めて、アクションラーニングそのままではないとしても、「何でもいえる場になっているのか」「チームのためになっているのか」など、確認しながら過ごしていきたいなと思いました。

あなたは、周りのある「場」とどのように関わっていますか。
心地良い場でなかったとしたら、どのようにしたらよくなりますか。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - アクションラーニング, コミュニケーション研修, マナー研修, リーダーシップ研修, 人材育成, 組織の活性化 , , , , , , , , , ,