ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

垣根のないリーダー

   

先日、とある企業様に伺った時に、こんなことがありました。「リーダーは垣根がなく、すごく物も言いやすいです。でも、尊敬しています」という部下ばかりのチームがありました。

リーダーとも話しをしましたが、本当に率先垂範で、朝早くから出社し、プレイヤーもしながら、一人ひとりに声をかけていくことのできるリーダーで、声をかけているからこそ、部下も反対に声をかけることも出来るそうです。
そして、誰よりも必死なリーダーに尊敬さえするという事でした。

けれども、そのリーダーの悩みは、部下の依存心だそうです。どうしても私に頼ってきてしまって、自分で考えようとしていない場面が多いとの事だったのです。
部下の話を聞いていても、最終的にはリーダーに確認をするようにしています。とのこと。

垣根がないけれど、プレイヤーとして、一部門を担ってしまっているために起こっていることなのかもしれません。その部門に関しては、リーダーしか分からない状態になっているのです。誰もが忙しいから、教えることもできず、ずっとその部門はリーダーしかできないのです。結局、リーダーとして全体を見ることもその作業が終わってからになるために、時間が作り出せないとも話していました。

さて、このリーダーはどのようにして、依存する部下に接していけばいいのでしょうか?

部下にも話しを聴いていると、どうやら、依存させてしまっているのは、リーダーのようです。何でも自分でやってしまって、情報共有が半端になっているので、結果的にリーダーに確認しないと最新の情報が分からず、判断できない状態が出来上がっていることがわかりました。垣根がないからこそ、その状態を生かそうと思えば、情報共有を徹底するだけでも、充分任せられる部下達だと感じました。

なかなか垣根がないのに、尊敬するリーダーって少ないのに、それが生かせてなかったら、チームとしての損失のように感じてしまいましたが、何となく部下の方々と話していると、部下がリーダーを変えていく力を持っているような気がしました。
どちらがどんな影響を与え合うのかは、一方通行ではなく、相互なので、部下から与える影響も多分にあるのだろうなと思いました。
これからも、たまにそのチームを覗いてみたいなと思いました。

リーダーのよさを引き出す部下をみてみたい。そんな思いです。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ, リーダーシップ研修, 組織の活性化 , , , , , ,