ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

コミュニケーションに大切な事

   

きっと色んな考え方があるのでしょうが、人とのコミュニケーションを円滑にするアプローチにも二通りがあるようです。

一つが他人とのコミュニケーションです。言葉も態度も含めた人とのコミュニケーション。そして、もう一つのコミュニケーションが内側、つまり自分自身とのコミュニケーションです。

コーチングスキルもそうですが、外側のコミュニケーションに目を向けて、自分のコミュニケーションを変化させることによって、相手とのコミュニケーションが変わるということを体感されている方もいらっしゃると思います。
しかし、更に「変えよう」と思わなくても、「変わる」のが、自分とのコミュニケーションを取ることによって、結果として他人とのコミュニケーションの取り方が変わり、相手とのコミュニケーションが変わるというプロセスを踏むものなのだなと感じました。また、自分とのコミュニケーションをとることにより、相手とのコミュニケーションで受ける衝撃も変化するように感じられます。

NLP(神経言語プログラミング)を学んだことによって、体感として実感はあったのですが、コーチング的な学習の中で、「ファウンデーション(自己基盤)の強化」というアプローチでされる自分とのコミュニケーションもまた、パワフルであることを感じました。

ニーズとは、コーチングでは、単なる欲求というのではなく、駆り立てられてやってしまうような、人にこう思われたいために、躍起になってしてしまっていること。もしもそれが満たされないと、なんだか不安になったり、落ち着かないこと。ほとんど無意識というよりも意識できてないだけかなあと感じます。嫌なものでもなく、親に認められたくて、無意識に子供が頑張っちゃう感じです。
自分で見ていてイマイチ分からない点も、相手に見てもらったことで見える部分がありました。で、よくよく考えてみると「あるある~」という状態です。

私の場合、怖いだけだった父を尊敬していたようで、何か困ったことがあると、いろんな人が父に相談に来たり、遊ぶ時にもお誘いがあったり、年中人に頼られたりしている父をすごいと思っていたんですね。だから、「そんな父の子供なんだから私も」とどこかで思っていたのかもしれませんが、人に「頼りになる人」と思われたかったんだと思います。なんだか、自分から困っている人がいると近寄っていったり、相手が何を望んでいるのかを意識しすぎたり・・・。自分では人の役に立つことが好きなんだけれど、それが価値でしている部分もあるんだけれど、明らかに無理している場面もあるんです。
なんだあ、無理していたのかあと、悟られたくないために、気付いていてもたまに意識して手を出さなかったり、頼ってくれるのを待っていたり。うわあ、こうして話しているだけで赤面です。それぐらい、本当は人には知られたくないことだけれど、必死になっている自分が居ました。でも、ちょっとこんな風にもがいている自分がいとおしいと思ったりもするから不思議です。

で、こうして自分の内面とコミュニケーションすることで、自分が必要以上にエネルギーを使ってしまっている部分があると思うと、その事によって、私は何かを失っていて、その何かが健康でした。昨年、体調を崩している期間が長く、白髪まで急激に増えました。私のなくしたものは大きかったと思います。

けれども、このタイミングで、自分のエネルギーを過度に使っていた部分が分かると、全部は無くさないにしても、なんだか今は過度だなあと考えられる気がします。そうなると、自分にゆとりが生まれて、帰ってから家族に接する自分が、すごく穏やかに感じることができました。仲間にも雰囲気が違って見えるといわれました。

自分の内面と対話しただけなのに、外側に出るコミュニケーションの質まで変化したんだなと感じることができました。きっと周りの人が大きく感じているのだと思います。

今までも自分のニーズを扱ったことはあったけれど、どうも「そんな自分って嫌い」とか「情けない」なんて毛嫌いしていたんだけれど、今回は愛おしく思えたことで、あなたにも、赤面しながらも話すことができました。だから何が変わるわけでもないけれど、ありのままの自分を受け容れるってこういうことなのかなって感じることもできました。
友達にも照れながら話したら、「そんなに必死にならなくても、頼りたくなる人なんだからいいんじゃない。そのままで」と言ってもらえたことで、なんだかこの価値の部分だけで充分なんだと思えるようにもなってきました。無意識なので、また必死になっている自分が居たら、「あれ、必死になってるね」と声かけてくださいね。自分では見えにくいものですから。

こうなると、不思議と周りへの受容感も更に増したように感じています。
今は、もう一つ自分の中でのニーズではないけれど、大きなテーマと向かい合っています。ちょっと今はそれによって、周囲の人達とのコミュニケーションもより良く変化するかもしれないと思うと、逃げないで向かい合ってみようと思えています。

人とのコミュニケーション、自分とのコミュニケーション。共に大切にしていきたいと思います。
どちらが大切という順位付けではなく、どちらも大切なものとして意識していこうと改めて感じています。

あなたのニーズって何なんでしょうね。
一緒に話してみませんか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コミュニケーション研修, コーチング , , , , , , ,