ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

GTDで、景色が違って見える

   

やりたいと思ったことは後回しにしたくない。
これが、私の大切にしてきたことでした。そのために寝る時間を惜しんできた部分は随分ありました。しかし、年齢を経ると無理は利かなくなるものですね。そんな時にであったGTD

「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」という永守重信さんの言葉に刺激されて働いてきた私には、どうも「すぐやる」が出来ないことが、ストレスになっていました。でも「必ずやる。できるまでやる」は実践したいのに、睡眠時間を確保すると後回しにしなければならないことも出てきます。他の人に任せられる組織体であればやりくりが可能だけれど、まだ今の私の仕事では、そこまでの力がないと考えています。
そうなると、自分でやろうとするのだけれど、どうしても忘れてしまうことが出てきて、土壇場になって焦ってしまうことが出てきました。
「任せられる部分は外注に出そう」という思いもむなしく、反応していただける人を今までは見つけることができず、まずは黙々とやってきました。そんな事を思いながら、武沢信行さんのセミナーに参加させていただいたときに、GTD(Getting Things Doneの略)を教えていただきました。

コツは3つのステップ
1、頭の中の「気になること」を全て、頭の外に追い出そう
2.それらのすべての「気になること」について、求めるべき結果と次にとるべき行動を決めよう
3.そうして決めた、とるべき行動を信頼できるシステムで管理し、定期的に見直そう

まだ1ステップだけれど、「書いているとこれだけのことを私は頭の中で処理しようとしていたんだ。そりゃパニックになるわ。」というのが、途中での感想でした。
でも、書き出すことで、頭にとどめておくスペースが空くような気分になり、このPCから目をあげると外に広がっている空が一段と青く澄み渡って見える気分になりました。結構、意識をしてなかったけれど、自ら余計な錘を背負っていたんでしょうね。
休みの日を利用して、「すべて」に拘って、あるものを出し尽くすつもりで出してみようと思います。

【参考図書】

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ , , , , , , , , , ,