ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

リーダーも常に学び続けていると・・・

   

昨日(2011年5月27日)は中小企業の経営者を応援するためのセミナーが開催され、参加者として参加してきました。私の場合はメンター主催のセミナーに日程があったという事が主な目的ですが、それともう一つはFacebookに登録をしたはいいんだけれど、どう使うものなのか全く解らないので、「Facebook活用法」というテーマもあったために参加することは絶対条件のような気持ちで参加しました。

内容については『ネイティブコーチのメモ帳』にて3日間にわけてお話をさせていただきます。
とは言え、鶴岡秀子さんのファンの方もいらっしゃっていましたが、それだけでなく「経営の役に立てば」という思いで多くの方々が参加されていました。

どの方も目がキラキラ輝いていて、こうしてお金を払って学びに集まるような方々は立派な方々が多いんだなと感じました。というよりも、部下だったら「この経営者の下で働いてみたい」と思わせてくださる方々が多いように感じました。
部下も常に学び続けているのでしょうが、リーダーが学び続けていることも大切な事だと改めて感じました。

とある企業で社員が言いました。
社「うちの会社はケチだから、学ぶ事にお金を出してくれないんですよ」
私「そうなんだ。それって何のために学びたいの?」
社「何のためって会社のためですよ。だから会社が投資するのは当たり前じゃないですか」
私「そうかあ。会社がお金を出してくれれば、学びたい事なんだね」
社「学びたいかって言われるとあれですけど、会社のためですから」
私「すごいね。会社のためにって思えるんだもんね。どんな風に会社のためになるの?」
社 (かなり語っていましたが割愛)
 「でも、結局僕だけってわけに行かないから、僕が僕のために学ぶしかないですね。
  考えてみたら、上司も身銭きって行っているみたいですしね」
私「そう思ったのね」
社「はい。ありがとう」
という感じでした。

リーダーの見せている姿勢がその人を納得させているようでした。
リーダーの姿勢というものも大切なんですよね。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, リーダーシップ研修, 人材育成 , , , , , ,